2016年04月18日

J2熊本 活動中止を20日まで延長

サッカーJ2のロアッソ熊本は18日、トップチームの活動を20日まで中止すると発表した。21日以降のスケジュールについては、20日に協議、決定する。

 また、23日にホームの「うまかな・よかなスタジアム」で開催を予定している明治安田生命J2第9節・横浜FC戦の開催可否についてはJリーグと協議を続けており、決定しだい発表するとしている。

 チームを運営する「アスリートクラブ熊本」は18日まで臨時休業となっているが、19日から通常業務を再開する見込み。オフィシャルショップは20日まで臨時休業し、その後のスケジュールに関しては20日に決定するとしている。

 チームのアカデミー(育成・普及)部門に関しては、25日まですべてのカテゴリーで活動を中止。26日以降のスケジュールについては、改めて協議、決定する。

 トップチームは熊本地震の発生に伴い、17日に予定されていたアウェーでの京都戦(西京極)が中止。京都戦中止が決まった16日から活動を休止している。

 クラブは「このたびの平成28年熊本地震により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。また、多くの皆様にご心配のお声をいただいており、心より感謝申し上げます」としている。  

2016年04月05日

イケメン日米ハーフFW富樫敬真 U―23日本代表候補に初招集

日本協会は4日、11日から静岡県内で行われるU―23日本代表候補合宿のメンバー23人を発表し、横浜のルーキーFW富樫敬真(けいまん、22)ら4人が初招集された。FWは24歳以上のオーバーエージ枠の使用も検討されている“補強ポイント”。年代別代表の経験がない無名ストライカーの成り上がりに期待が懸かる。

 日の丸を身にまとったことのない富樫が、リオデジャネイロ五輪まで約4カ月というタイミングで初招集された。都内で取材に応じた手倉森監督は「横浜の試合を見たときにポテンシャルがありそうだなと思った。点取り屋としての本能的なところを確かめてみたい」と、選出理由を明かした。野性的なゴールへの嗅覚を持ち、DFラインの裏を狙い続けるFWの実力を見極める考えだ。  

2016年01月25日

<全豪テニス>八百長疑惑…混合ダブルスで、米紙報道

【ニューヨーク田中義郎】オーストラリアのメルボルンで開かれているテニスの4大大会の今季初戦、全豪オープンの混合ダブルスで八百長の疑惑が浮上していたことが分かった。24日、米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が報じた。

 疑いが持たれたのは1回戦のララ・アルアバレナ、ダビド・マレーロ組(スペイン)とアンドレア・フラバーチコバ(チェコ)、ルカシュ・クボット(ポーランド)組の試合。同紙によると、世界有数のブックメーカー(賭け屋)であるピナクル・スポーツが、実力が競っていた試合にもかかわらず多額の賭け金のほとんどがフラバーチコバ、クボット組に集まったことに疑問を持ち、試合開始の約13時間前に賭けを中止した。ピナクル・スポーツは現地の警察に届け出た。

 試合はフラバーチコバ、クボット組が6−0、6−3で勝利した。アルアバレナ、マレーロ組は試合での動きが低調だったのは故障が原因として、八百長の疑惑を否定した。通常、混合ダブルス1回戦では多額の賭け金が動くことは少なく、ピナクル・スポーツの幹部は「少数の人が多額の金を賭けた」のは不自然と判断したという。他の試合では、そのような動きはなかったとしている。

 テニスの八百長を巡っては、英BBC放送が17日、過去10年で世界ランキング50位以内の16選手に故意に負けた疑いがあり、4大大会優勝者も含まれていると伝え、8選手は今回の全豪オープンに参加していると指摘した。  

2015年05月11日

武藤のチェルシー移籍に懐疑的なハリル監督

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が11日、千葉県内で報道陣の取材に応じ、12日から国内組28選手で行う日本代表候補合宿の意図や目的について語った。

 チェルシーからオファーを受けているFW武藤嘉紀(F東京)について質問された指揮官は「チェルシーが彼にどんなオファーをしたかは詳しく知らない」と前置きしたうえで、持論を展開した。

「チェルシーにはやり方があって、かなり多くの選手を買ったうえで(他クラブに)貸し出す。今も27人ぐらいがレンタルされているのではないか」。将来性のある若手選手を数多く抱えたうえで、積極的に他クラブにレンタル移籍させて経験を積ませるチェルシー。ハリルホジッチ監督は武藤の場合もまずは他クラブ、他リーグへレンタルとなる可能性が高いと考えているようだ。

「武藤の今のシチュエーションを考えると、もし向上したいのなら、ヨーロッパでプレーできるクラブを探すべきだと思う」。ポジションを勝ち取り、コンスタントにプレーできる環境を選ぶべきと語るハリルホジッチ監督は「彼と話をして、私のアイデアを伝えたい」と、今回の合宿中にも本人と話し合いの場を持つ方針。「ただ、最後は彼が決める。私ではない」と、最終的に結論を下すのは武藤自身であることも強調した。
ドラクエ10 RMT  

2015年04月11日

パルマ、不整脈で離脱中のビアビアニーが契約解消

パルマは11日、FWジョナサン・ビアビアニー(26)との契約を両者合意のもとで解消したことをクラブ公式サイトで発表した。

ビアビアニーは2009年にインテルからパルマに加入。その後インテル、サンプドリアを経て2011年から再びパルマに戻った。パルマとの契約は2018年6月まで残っていた。

昨年夏にはミランへの移籍が一旦は合意しながらも決定に至らず。その後不整脈が判明して戦列を離脱し、今季はセリエA開幕戦以降試合に出場していなかった。

パルマはクラブが深刻な財政難に陥り、先月には破産を通告された。1月以来、FWアントニオ・カッサーノ、DFフェリペ(インテルに加入)、MFクリスティアン・ロドリゲス(グレミオに加入)がクラブを去ったほか、DFパオロ・デ・チェッリエがレンタルを解消してユヴェントスに戻っている。
ドラクエ10